咽頭クラミジアとは

咽頭クラミジアとは

クラミジアといえば性病ですが、咽頭クラミジアと言われると聞き慣れない方も多いのではないでしょうか?喉に違和感、痛みを感じたら…もしかしたら咽頭クラミジアに感染しているかもしれません。

咽頭クラミジアの潜伏期間について

喉の奥で感染するクラミジアを咽頭クラミジアと呼びますが、その潜伏期間は個人差があります。1週間ほどで症状が出る人や、1ヶ月ほどかかる人もいます。クラミジアそのものの特徴として挙げられますが、咽頭の場合も自覚症状が出ない人が大変多く、実は感染していたという人も多いです。その場合、知らずに他の人に移してしまうのが問題点になります。

咽頭クラミジアは、性器に感染していた女性の2割程度感染していると言われています。その理由はオーラルセックスにあります。昔はそうでもありませんでしたが、アダルトビデオの影響から増えてきたと指摘されています。また女性だけではなく、オーラルセックスをする男性も感染する可能性があります。

またこの問題点は、挿入と行った性行為の体験がない人でも感染する可能性があります。クラミジアの中でも比較的、性器感染は自覚症状が出やすいのですが、咽頭の方は症状が出にくいことから、知らない間に他の人に移すというケースもあります。よってオーラルセックスをする人すべてに感染している可能性があると言えるでしょう。特に性器に感染している人は、その可能性が高くなりますので、病院で治療する場合は咽頭の方も検査されることが多いです。他にも淋病も咽頭に感染しやすく、特にオーラルセックスでは一番淋病が咽頭に感染しやすい性病になります。

クラミジア自体が自覚症状が出にくいことから、今まで性行為の経験がある人であれば検査したほうが良いと言えるでしょう。また不特定の人や多数の性行為をするパートナーがいる人、そして風俗経験がある人はリスク群になります。そのような体験がある人は、積極的に検査を受けて確かめてみましょう。

咽頭クラミジアと咳などでの飛沫感染

口で性器を刺激する性行為をした場合、咽喉クラミジアに感染することがあります。クラミジアの原因となる菌が、性器ではなく喉の奥に感染するタイプです。自覚症状がでにくく、出た場合は少しの痛みや発熱といったことで風邪と勘違いされることもあります。病原菌自体が弱いですので、自然治癒することもあります。抗体といって過去にその病原菌を持っていたのかを調べることができる血液検査がありますが、それで罹患していた事実を発見することもある菌です。そして性病としてはお馴染みであり、クラミジアは日本人が罹る性病で最も多い性病と言われています。

さて咳やくしゃみなどによる飛沫感染がするのかというと、極めて可能性が低いです。ちょっとしたキスや飲料水の飲み回しくらいでは感染しない性病です。先程の述べたように、病原菌自体が弱いですので、感染力もそこまで強くありません。しかし粘膜となると話は変わってきます。粘膜同士が激しく擦りあうような性行為の場合は、2回に1回の割合で感染すると言われています。よって粘膜同士になると感染しやすくなることがわかります。よってキスも粘膜が擦りあうようなものであると、感染する可能性があると指摘する必要があるでしょう。

咽頭クラミジアは、性器を口で刺激することで掛かる病気です。女性でまだ挿入といった性行為をしていない若い世代であっても、興味からそのような性行為をすることで、咽頭クラミジアに掛かる可能性があります。最終的な性行為をしていないにもかかわらず、性病になる可能性が少なからずあることを理解しておきましょう。予防は不特定の人と性行為をしない、またはコンドームをつかうなどの予防をすることが大切です。

咽頭クラミジアの喉の痛み

軽い喉の痛みがある場合、または風邪のような症状があり、最近性行為をした経験がある人は咽頭クラミジアに掛かっている可能性があります。また性行為といっても挿入だけではなく、口で性器に刺激を与える行為をしただけでも咽頭クラミジアになる可能性があります。特に性体験をする世代で、口で性行為を行った経験がある女子に多い症状になります。そのままの状態にしておいても、問題があることが少ないですが、他の人に移す可能性がありますので注意が必要です。

クラミジアの細菌は、粘膜を通して感染しますので、咽頭にある菌が自分の性器に感染する可能性がとても低いです。自分で性器を口で刺激することさえなければ自分の性器に感染させる可能性は少ないですが、他の人に移す可能性があります。また他の人に移し、そのまま挿入するようなことがあると感染源になりますので、女性は特に気を付けておきましょう。また軽いキスや回し飲みくらいでは感染しません。非常に弱い菌であり、そして感染力もそれほど強くありませんが、激しい口腔間を刺激すると移る可能性が高まります。

治療方法は、性器に感染したクラミジアと同じであり、抗生物質の投与になります。検査方法は、口の粘膜をぬぐう、もしくはうがいで検査をすることになります。性器にクラミジア症状がある場合は、咽頭のクラミジアも一緒に対処することができますので、医師の指示に従って服用してください。陰性反応が出るまで服用しなければならない医薬品ですので、自分勝手に服用を中止してはいけません。医師の指導のもと服用を続けることがクラミジアを完治させることになります。咽頭に感染していても、他の人に移す可能性があることを自覚し治療しましょう。
クラミジア以外にも効果的なジスロマックで性病治療を
ヘルペス治療薬はここで買いましょう
バルトレックスが通販で人気な理由