咽頭クラミジアとは

クラミジアといえば性病ですが、咽頭クラミジアと言われると聞き慣れない方も多いのではないでしょうか?喉に違和感、痛みを感じたら…もしかしたら咽頭クラミジアに感染しているかもしれません。

クラミジアによるうつ病とクリニックでの治療

クラミジアは男性よりもむしろ女性のほうが重症化しやすいので、同じパートナーと性交渉をすることで何度も感染するリスクも有ります。男性の場合は尿道炎にかかることが多く、ほとんどの場合はむず痒くなる程度の症状しかありません。しかし女性の場合は子宮の内部までクラミジア感染症が拡がってしまうと不妊や流産、早産などの原因にもなるので、大きなショックを受けてうつ病になるリスクも有ります。性病科のクリニックなどを受診するとクラミジアなどの性感染症の場合はパートナーと一緒に治療することをすすめられるのですが、パートナーが拒否をした場合には何度も感染をして、結果的に不妊症になることもあるので、精神的に落ち込んでしまってうつ病を発症する女性もいます。クリニックでの検査はその場でできる簡易的なものもあるのですが、精度が高い検査を受けないと感染の有無を確実に知ることができません。クラミジアは専門のクリニックを受診すれば抗生剤の服用で簡単に治療をすることができますが、感染したまま放置していると子宮内膜炎や卵管炎などになるので、赤ちゃんがお腹にいる場合には流産をしたり、早産になることもあるので、自分だけでなくパートナーも検査しておかなければ性感染症のリスクを減らすことができません。妊婦の場合は精神的に不安定なことが多いので、クラミジアによる早産などのショックで軽度のうつ病になることもあるので、パートナーと協力をして治療をすることが大切です。またクリニックで治療をしている場合には、最終的に検査が行われて、そこで感染症が無いと確認できた場合は、治療が終了となります。しかしパートナーが感染者の場合はすぐに感染するので注意が必要です。